どこまで認められるか。

素直な人ほど、自分と他人を常に見つめて、その上で、欠点も長所も認めた上で、しっかりと相手を気遣うように思えます。
周りには僕から見たら傲慢のように思える人が多いです。
というより、世間はほとんどそうでしょう。それはそれでいいのだとは思っています。僕は立派ではないですし、これからも低評価が続く事に、余り何とも思っていません。

素直な人というのは、うわべだけの人、外面だけの人、しっかり見ています。その人の心理的な考え方もしっかり把握しています。
話していれば、悪い事を本当に悪いと頭を下げられる人がどれだけ少ないかよく分かります。
その人達に、常に上手く合わせて、思った事を話していきます。それがその人にとって、人間性を出す所といえるでしょうね。

相手に対して、ちゃんとしている人は、そもそも相手が何を言おうが、見極めていますし、見返りも期待していません。
その代わりに、しっかりとその人と信頼関係を作って、それでやりたい事を話します。

それが出来る人は、僕にはとても立派に見えます。
ごくまれにそういう人と出会います。普通に仕事をして、普通に生きていますけど、悪い噂も流れる時もあります。ですが、悪い噂の後に、称賛している人達が必ずいて、その人達は、正直な人をフォローします。逆に立つ人は、最期は一人になってしまうというのが事実だと思いますが、正直な人を認められるかどうかというのもあるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です